banner

banner banner banner

結婚のあいさつはどのようにすればいいか

banner プロポーズ後、初めて相手の親に会うのは結婚の了解を得るのが目的です。
いきなり会いに行くのではなく、手順を踏んで進めるのが礼儀と言うことを分かっておきましょう。
二人揃っての親へのあいさつは、男性が女性宅へ出向くのが一般的とされています。
しかし、家が遠いなどの理由で、女性が男性宅に先に出向くこともあります。
どちらから先に行くかはとくに決められていません。
また、必ず自宅に行かなければいけないと言うわけでもないです。
レストランなどで顔合わせをすることもあります。
ただ、あいさつの場をどのようにセッティングするかは、お互いの親の意見を聞いて決めるようにしましょう。
二人だけで勝手に決めてはいけません。
そして、顔合わせをするまでにお互いの親の情報を交換しておきましょう。
相手の両親がどう言う人は知っておく必要があります。
自分の親には、相手のプロフィールや結婚を決意するまでのプロセスを伝えておくようにしましょう。

グリストラップ清掃

ソファ、ベッドの格安販売

ディスプレイ制作ならエムプラチック

ゴミ部屋 大阪 兵庫

出産後も職場復帰可能な求人

価値観やものの見方の合っている方が良い結婚相手

banner 少子化が続き、地域の絆が弱まっている時代に若者の中には結婚を望んでも相手の見つからない人がいますが、その願望を持たない、あるいは、持てない若者も増えていると言われています。
また、近年は定年前後に長年連れ添った夫婦の離婚するケースが増えています。
こうした風潮は結婚に対する生活や考え方が多様化していることに原因があるとする意見があります。
しかしながら、社会全体でこうした傾向があるにしても一人ひとりが幸せを求めて伴侶となる人を求めていることも事実です。
カップルとして一つ屋根の下で同居しても自由に考え、行動できる恵まれた時代ですから、数十年間、生活するためには価値観やものの見方が同じ方向を向いている必要があるようです。
従って、結婚前、友人、知人と付き合っている独身期間には楽しいことばかり見ていないで、様々な価値観や考え方の人と付きあって、暮らし方や趣味、娯楽等について話し合い、理解し合える相手であるか否か、見定めて相手を選ぶことが幸せになれる大切な考えです。

結婚一覧

banner プロポーズをし、OKをもらってもまだまだ安心できません。
相手の親に結婚の了解をもらいに行くと

相手の親に結婚の了解をもらいに行くときは

banner 「結婚」は、人生をかけた修行期間だという人がよくいますが、まさにその通りだと思います。
わたし

結婚は日々勉強しなくては続かない

banner 結婚の了解を得るために女性宅を訪れる、これには多くの男性がプレッシャーを感じるでしょう。
しか

結婚の了解を得るために女性宅を訪れる場合

Copyright(c) 2011 結婚 All Rights Reserved.